本文へジャンプ
ホーム > 病院概要 > 当院の特徴 > 地域がん診療連携拠点病院

地域がん診療連携拠点病院

 小牧市民病院は、平成17年より『地域がん診療連携拠点病院』として国から指定を受けております。
 全国どこでも質の高いがん医療を提供することができるように、各都道府県の医療圏ごとにがん診療連携拠点病院の整備が進められています。がん診療連携拠点病院とは、地域におけるがん医療の中心となるよう国に指定された病院のことをいいます。
 がん診療連携拠点病院には、都道府県の中心的ながん診療機能を担う『都道府県がん診療連携拠点病院』と『地域がん診療連携拠点病院』、『地域がん診療病院』、『特定領域がん診療連携拠点病院』の4種類があります。
 小牧市民病院では、経験豊かな専門医が診療に当たり、各分野の腫瘍専門医(病理医、放射線医、化学療法医など)の協力体制の下に最新技術による診断、複数の治療法を組み合わせた治療を実施しています。
 また、がん診療に従事する医師などに対する研修会を開催し、地域の医療機関と連携することで地域におけるがん診療の向上を図っております。
 相談支援センターや緩和ケアチームでは専門的な知識を持ったスタッフが、がんに関わる苦痛、治療上の悩み、経済的な悩み、心配事などについてお答えします。お気軽にご相談ください。
 また、市民公開講座を年2回開催し、がんに関する講演を行っています。お気軽にご参加ください。
 小牧市民病院は、尾張北部医療圏における地域がん診療連携拠点病院としての責務を果たすため、がん医療における内容の充実、治療成績の向上を図ってまいります。

がん診療におけるPDCAサイクルについて


 小牧市民病院では、がんに関する各部門関係者が参加する「化学療法委員会・キャンサーボード」において、化学療法の副作用例や患者相談、研修教育活動等の報告・評価をを行い現場へのフィードバックをしています。また愛知県がん診療連携協議会に参加し必要な情報の提供を行っています。

PDCAサイクル

院内がん登録について

小牧市民病院 院内がん登録


国立がん研究センターがん情報サービス

治験・臨床研究について

詳細はこちらから

 

関連部門

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション