本文へジャンプ
ホーム > 受診のご案内 > 上手な市民病院のかかり方

上手な市民病院のかかり方

 市民病院は、専門の医師、最新の医療機器が整っており、高度な医療を提供できることから、多くの患者さんが受診しています。しかし、限られた医療資源(医師や医療機器など)で地域の全ての患者さんを診察することには限界があり、長い待ち時間が発生するなど、問題が生じています。
 このような問題を解決するため、国は、初期診療から専門治療までを一つの病院で診る「自己完結型医療」から、初期診療を得意とする開業医と高度な治療を行う病院との役割分担を進め、一人の患者さんを地域全体で診る「地域完結型医療」への移行を進めています。
 市民病院でも、このような国の方針に従い、開業医からの紹介状をお持ちの予約患者さんに優先的に受診いただいています。また、紹介状をお持ちでない初診の患者さんからは、診療費以外に「選定療養費」をいただくようにしています。
 また、病状の落ち着いた患者さんは積極的に地域の開業医で受診いただくなど、役割分担を進めています。
 「ちょっと具合が悪いかな?」と感じた時は、まずは、お近くの開業医(かかりつけ医)に受診していただくようお願いします。

かかりつけ医を持つメリット

  • 体調の悪い中、診療のために待たされる時間が少なくて済みます。
  • 日常の健康状態のほか、家族の病状や病歴なども把握しているため、いざ病気になった時、適切な処置をしてもらえます。
  • 市民病院を初診で受診する場合、かかりつけ医の紹介状があれば「選定療養費」が不要です。
  • 高度な治療や入院を必要と判断した場合には、すぐに大きな病院へ紹介してもらえるため安心です。

※地域医療連携の強化により、かかりつけ医が、高度な治療や入院が必要と判断した場合には、すぐに市民病院へ紹介していただくことになっています。市民病院では、かかりつけ医から紹介予約された患者さんを優先的に診察するよう努めています。市民病院受診の際には、紹介状をお持ちの上、予約受診いただくようお願いします。

地域連携登録医療機関

かかりつけ医を探す時はこちら
専門分野別、地域別などカテゴリによる病院検索が可能です。

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション