本文へジャンプ
ホーム > 受診のご案内 > 薬の受け取り方

薬の受け取り方

院内処方の薬の受け取り方

掲示板会計を済まされると、診療費請求書兼領収書が発行されます。
院内処方で薬が処方されている場合は、診療費請求書兼領収書右側の「くすり引換券」に番号が記載されています。 「くすり引換券」の番号が、薬局窓口の上にある電光盤に表示されると、薬は出来上がりです。引換券を薬局窓口へお持ちになり、薬をお受け取りください。

ご注意

  • 薬のお渡し時間は、午前8時30分から午後9時までです。「くすり引換券」をお持ちのうえ、薬局窓口までお越しください。
  • 受診の翌日以降にお越しの際は、薬のお渡し間違いを避けるため、受診日を知らせていただくよう、ご協力をお願いします。
  • 薬の保管期間は原則として1ヶ月です。保管期間が過ぎた場合、薬は処分させていただき、返金等も出来ませんのでご了承下さい。

院外処方の薬の受け取り方

院外処方せんは、各診療科で発行されます。 その処方せんを街の調剤薬局へお持ちになり、薬を調剤してもらってください。

調剤薬局は自由に選べます。「処方せん受付」「保険薬局」「調剤薬局」の表示がある薬局でしたら、院外処方せんは、全国どこの薬局でも有効です。また、かかりつけ薬局を決めて薬を受けることが大切です。かかりつけ薬局では、患者さんの薬歴管理を行い、薬の「アレルギー歴」や、現在服用中の他の薬との「相互作用」「重複投与」などのチェックを行いますので、副作用を防止できます。院外処方せんを、希望される調剤薬局に事前にファックスで送信しておくと、調剤薬局での待ち時間がより短くなります。ファックスは、病院内に設置されている小牧市薬剤師会の「ファックスコーナー」で、無料で送信します。

ご注意

  • 院外処方せんの有効期限は、法律により発行日を含めて4日間と定められています。この期限内に、処方せんを調剤薬局へお持ちになり、薬をお受け取りください。
  • 保険制度の関係で、一部の方を除き、自己負担金が若干増えますのでご了承ください。

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション