本文へジャンプ
ホーム > 診療科のご紹介 > 各部門のご案内 > 臨床検査科 > 緊急検査

緊急検査

当院は第三次救急医療体制を敷いており、救命救急センターを併設しています。臨床検査科においても緊急検査は24時間の勤務体制を整えています。

夜間緊急検査室は、時間外の緊急検査を対象とし、30分以内の緊急報告を行っています。時間外勤務者(当直者)は、平日1名、17:15~翌8:30まで、休日2名、8:30~翌8:30までの勤務時間において主に以下の業務を行っています。

緊急検査 血液算定検査、生化学検査、凝固・線溶系検査、血液ガス検査、血中薬物濃度
生化・免疫検査 感染症検査、外注検体処理、保存検体
一般検査 尿定性検査、尿定量検査、尿沈渣、尿中有形成分定量検査、尿中生化学検査、髄液検査、糞便検査、胸・腹水検査、妊娠反応、乳児TB、CAPD、保存検体
細菌検査 インフルエンザウィルス、アデノウィルス、RSウィルス、便ロタウィルス、A群溶連菌、尿中肺炎球菌、尿中レジオネラ菌、新規培養
輸血検査 血液型、T&S、交差試験
生理検査 心電図、ホルター心電図はずし
病理検査 病理組織の固定、細胞診検体の塗抹・固定

緊急依頼の項目の詳細を最優先に行ない、その他の検査に関しては効率よく処理しています。
★各検査項目の詳細な内容については、検査各部署と同様ですので、そちらを参照して下さい。

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション