本文へジャンプ
ホーム > 診療科のご紹介 > 各部門のご案内 > 臨床検査科 > 細菌検査

細菌検査

細菌検査室痛みや高熱などの症状や画像診断による感染症の疑いのある疾患に対して、痰・尿・便・膿・血液・体液などのあらゆる検体を用いて、炎症原因菌名を調べその菌に効果のある薬を見つけます。生き物を相手にする検査なので世話と管理が大変です。また、検査者自身が感染しないように慎重な操作が必要です。近年では、入院患者さんの院内感染を見張る対策も行っています。

細菌検査室

顕微鏡検査 ガラス板に各検査物を薄く塗り、染色して顕微鏡で細菌の色、形を観察します。特徴のある菌は形でわかるため早期対応により効果薬を決定できて、患者さんを重症感染症から救います。
培養検査 感染症の原因菌を探すため、寒天に栄養を加えた培地に各検体を塗り、増やして目に見える大きさに育てます。(菌によって発育状態は、栄養、温度、酸素など環境により大きく違います。 )
薬剤感受性検査 一定濃度の菌液を作り、いろんな濃度の薬と混ぜて培養し、発育の有無で薬が効くかどうかを判定します。
院内感染対策 患者さん個人をみているだけではわからない入院患者全体の菌のはやりや菌の薬の効果を管理しています。そして、同じ菌や薬の効かない菌が広まったりしている異常などを発見した時は、しかるべき対応をします。また、院内の環境調査も行っています。
迅速ウィルス検査 短時間で簡単にできる検査薬を使用し、冬季劇的に流行するインフルエンザウィルスやプール熱の原因となるアデノウィルスなどさまざまなウィルスの検査を行っています。
細菌検査 細菌検査 細菌検査

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション