本文へジャンプ
ホーム > 診療科のご紹介 > 各科のご紹介 > 病理診断科

病理診断科

業務内容

病理組織診断

組織標本作製

生検標本は提出日の翌日までに、手術材料は4日以内に標本作製を行い、迅速かつ厳重な標本作製過程の管理体制をとっています。手術材料の切り出しは全例病理医が行い、必要に応じて臨床医の立会い、肉眼写真の撮影・保存を行っています。

特殊染色、免疫組織染色、蛍光抗体染色

診断に必要となる上記染色の作製を行い、電子顕微鏡標本については外注検査(SRL)に依頼しています。

診断業務

迅速、正確な診断報告につとめています。難解症例については積極的にコンサルテーションに出しています。

術中迅速診断

毎日、午前9時から午後5時までの間、予約無しでも常時対応できる体制をとっています。全例、スタンプギムザ標本を同時に作製し、正確な判断につとめています。

病理解剖

平日の午前9時から午後5時までの間、いつでも受け付けています。全例、臨床医が立会い、当日、肉眼病理診断を報告しています。臨床病理検討会(CPC)は3ヶ月に1回程度1~2例ずつ、医局会の席上で行っていましたが、昨年度から一ヶ月に1回行うようにしました。休日も可能な限り解剖の出来る待機性をとっています。

細胞検査

細胞検査士によるダブル・スクリーニングを行い、疑陽性以上の症例及び特殊炎症症例については、指導医が診断しています。更に、術中迅速細胞診、検査技師のベッドサイドへの派遣にも対応しています。

診断データ

2006年5月末より電子カルテが導入され、全症例のデータは保存されています。

標本の保存・管理

病理診断の標本(ブロック・プレパラート)は病理室及び倉庫での永久保存を行っています。細胞診標本の疑陽性例以上も永久保存を行っています。標本の貸し出しはプレパラート・未染標本で対応しています。

臨床科への支援

臨床医の学会への症例報告について、要望があれば協力して検討し、積極的に支援を行っています。乳腺外科、脳神経外科、消化器内科とはそれぞれ週一回、2~3ヶ月に一回、月二回の検討会を行っています。

医学教育及び研修医教育

研修医は当院では毎年十数名受け入れており、手術検体の切り出し、迅速診断、病理解剖に参加してもらいます。月一回開催しているCPCに参加してもらっています。

今後の課題

常勤病理医の増員

病理実績

  2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年
組織診 8,551 8,771 8,663 8,631 8,536 8,117 8,261 8,310
(迅速) 313 314 350 337 316 255 272 301
細胞診 13,354 12,996 13,755 12,475 11,629 10,794 10,870 10,354
解 剖 22 9 14 11 10 14 9 10

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション