本文へジャンプ
ホーム > 診療科のご紹介 > 各科のご紹介 > 形成外科

形成外科

科の特色

1.湿潤療法

熱傷をはじめとする外傷などの治療に、新しい治療方法である湿潤療法を行っております。
従来の方法(消毒+ガーゼ)よりも、痛みが少なく、創痕もきれいで、体に優しい治療法です。
当科では約10年の治療実績があり、以前は手術・入院が必要とされたような傷でも外来通院のみで治癒する場合も増加しました。

2.マイクロサージャリー

外傷に対するマイクロサージャリー(四肢の神経・血管損傷、切断手指再接着)は県下有数です。
腫瘍切除後の組織欠損(頭頚部腫瘍、乳房再建等)に対しては、必要に応じて遊離皮弁・遊離複合組織移植術による再建を行っております。
リンパ節郭清、またはリンパ節転移などによるリンパ浮腫に対してはリンパ管静脈吻合も行っております。

3.顔面骨骨折

顔面骨骨折に対しては、最小限侵襲による早期手術を行っております。全身麻酔で行う場合でも入院は短期間で済むようにしております。

4.乳房の形成外科

乳癌手術後の乳房再建には人工物を用いる方法と腹部や背部の組織を移植する方法があります。手術時期についても外科の手術と同時に行う場合(一期再建)と乳がんの治療が落ち着いてから行う場合(二期再建)があり、相談のうえ行っております。
また、陥没乳頭の治療、女性化乳房の手術も行っております。

5.眼瞼下垂

加齢やコンタクトレンズの長期装用などによりまぶたが開けにくくなり、見えにくくなる状態のことです。無理な姿勢を取るために、緊張によって頭痛・肩こり・疲労を感じる場合もあります。症状に応じて皮膚を切除したり、眼瞼挙筋(まぶたを持ち上げる筋肉)を矯正する手術を行っております。

6.重傷熱傷

入院治療が必要な重傷熱傷は救急部と共に行っております。
主に愛知県尾張北部地域の中等度熱傷患者を引き受けております。

7.美容外科

基本的に行っておりません。状況により相談に応じます。
レーザーによる治療は当院では行っておりません。

 

対象疾患など

体表奇形 口唇裂:唇が割れているもの
口蓋裂:口の中が割れているもの(口腔外科)
小耳症:耳が小さい、折れ曲がっている、耳がない
多指合指症:指がくっついていたり、数の多いもの
外傷 顔面軟部損傷:皮膚が切れたり擦りむけたりしたもの
顔面骨折:鼻の骨が折れたり、頬の骨や顎の骨が折れたもの、古い骨折がずれて固まった顔の変形
皮膚腫瘍 良性皮膚・皮下腫瘍、悪性皮膚腫瘍(皮膚癌)など
当科では、あざ、ほくろ、しみなどの皮膚色素性疾患に対するレーザー治療は行っておりません。
レーザー治療を希望される方は、レーザー設備の有る病院を受診されることをお勧めします。
後天性欠損 手術後の変形再建:乳癌の手術後の乳房再建など、外傷による変形の修正
熱傷 やけどのこと
瘢痕・瘢痕拘縮、ケロイド 火傷やけがの跡にできた傷あと、ひきつり、傷が赤く盛り上がったもの
皮膚潰瘍 放射線障害、じょくそう、うっ滞性潰瘍などで、皮膚がなくなった状態
手・指の外傷 切断指の再接着、皮膚や神経損傷の修復
その他の変形 顔面神経麻痺、顔面片側萎縮、リンパ浮腫など

2014年の実績など

入院患者数:77人
1日外来患者数:20〜50人
日帰り手術件数:512人

マイクロサージャリー:36件
(内訳)
・上肢の外傷:10件
・腫瘍切除:1件
・神経剥離:1件
・頭頸部腫瘍切除後再建2件
・乳房再建:2件
・リンパ管静脈吻合:20件

手術内容区分

区  分 件  数
入 院 手 術 外 来 手 術
全身
麻酔
腰麻・
伝達麻酔
局麻・
その他
全身
麻酔
腰麻・
伝達麻酔
局麻・
その他
Ⅰ. 外傷 37 11 4 6 62 120
熱傷・凍傷・化学損傷・電撃傷で全身管理を要する非手術例
 
熱傷・凍傷・化学損傷・電撃傷の手術例 3 2 1 6
顔面軟部組織損傷 1 1 22 24
顔面骨折 23 17 40
頭部・頸部・体幹の外傷            
上肢の外傷 6 4 1 6 16 33
下肢の外傷 3 2 5 10
外傷後の組織欠損
(2次再建)
1 5 1 7
Ⅱ. 先天異常 7 1 12 20
唇裂・口蓋裂 4 2 6
頭蓋・顎・顔面の先天異常 3 9 13
頚部の先天異常 0
四肢の先天異常 3
体幹(その他)の先天異常 1 1 1
Ⅲ. 腫瘍 30 9 1 270 310
良性腫瘍
(レーザー治療を除く
8 3 187 199
悪性腫瘍 2 6 53 61
腫瘍の続発症 24 24
腫瘍切除後の組織欠損
(一次再建)
17 2 19
腫瘍切除後の組織欠損
(二次再建)
3 4 7
Ⅳ. 瘢痕・瘢痕拘縮・ケロイド 12 2 3 4 32 53
Ⅴ. 難治性潰瘍 5 5 16 19 45
褥瘡
4 2 6
その他の潰瘍 5 5 12 17 39
Ⅵ. 炎症・変性疾患 2 1 6 24 33
Ⅶ. 美容(手術)
Ⅷ. その他 2 3 11 82 98
Extra. レーザー治療
大分類計 95 22 50 11 501 679

 


  外来受診担当医表はこちら

医師紹介

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション