本文へジャンプ
ホーム > 診療科のご紹介 > 各科のご紹介 > 呼吸器外科

呼吸器外科

科の特徴

肺がんなどの術後は定期的に受診していただきますが、併存疾患や感冒などの治療は紹介いただいた先生にお願いし、諸先生方と連携しながら患者さん本位の治療を行っていきたいと考えております。心臓血管外科と一緒に手術をおこなっており、心大血管の合併切除も可能ですが、適応は慎重に決定しています。

対象疾患など

呼吸器外科系疾患の治療

自然気胸 当院では気胸患者さまは原則的に呼吸器内科で治療し手術適応のある患者さんのみ呼吸器外科で治療しています。再発例、肺瘻持続例、緊張性気胸、血気胸などを手術適応と考えており、受験生など時間の余裕のない患者さんは準緊急手術として対応しています。手術後の入院期間は2、3日です。
肺癌 手術適応は内科とともに決定しています。GGNなど野口A,B型が疑われるような異常影はCT下マーキング後、胸腔鏡を併用した小開胸で切除し、リンパ節転移のない小型肺癌では胸腔鏡で肺切除、リンパ節郭清を行っています。縦隔リンパ節腫大症例はできる限り縦隔鏡で診断し拡大郭清を行うか化学療法後の手術を患者さんに選択していただいています。他臓器浸潤例は安全に切除可能な症例は合併切除を行いますが、危険な症例はよく話し合って方針を決定しています。
転移性肺腫瘍 結腸・直腸がん、腎臓がんなどが主たる切除の対象となります。他のがんの転移であっても、原発巣に再発がなく、肺転移以外に病変がない場合や、転移の個数が少ない場合は、手術適応と考え切除を行っております。
縦隔腫瘍 良性腫瘍は充実性腫瘍とのう腫で胸腔鏡や小開胸で簡単に切除できるものは積極的に手術しています。胸腺腫など悪性腫瘍は集学的治療をこころがけ必要があれば合併切除も行っています。
その他 巨大肺のう胞、膿胸、胸壁腫瘍、びまん性肺疾患の肺生検、重症筋無力症などの手術も行っております。

悪性新生物に対する治療の対応状況はこちらをご覧下さい。

2016年の実績など

手術実績 手術総数:213例
肺がん:102例
転移性肺腫瘍:19例
縦隔腫瘍:17例
気胸嚢胞性疾患:31例
良性肺腫瘍:5例
生検:10例
炎症性肺疾患:7例
その他:22例

  外来受診担当医表はこちら

医師紹介

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション