本文へジャンプ
ホーム > 診療科のご紹介 > 各科のご紹介 > 内科 > 内科一覧

内科一覧

呼吸器内科の特徴

全ての呼吸器系疾患を対象とし、チーム医療を実施しています。

  • 慢性呼吸不全: 在宅酸素療法から在宅人工呼吸療法まで幅広く対応しています。
  • 気管支喘息: 治療方針はエビデンスに基づいて作成されたガイドラインに従っています。
  • 肺癌: CJLSGグループに属して最良の治療を目指しています。
  • 呼吸器感染症:治療方針はエビデンスに基づいて作成されたガイドラインに従っています。

呼吸器科の詳細はこちらをご覧ください

消化器科の特徴

消化器内科は、食道、胃、十二指腸、大腸などの消化管の診断と治療、肝胆膵疾患の診断と治療など多岐多彩にわたる臓器を分担しています。また三次救急病院であるため緊急検査も多く行っています。

消化器科の詳細はこちらをご覧ください

循環器内科の特徴

循環器内科は、心血管病の診断と治療を担当しています。狭心症・心筋梗塞の虚血性心疾患、弁膜症、心筋症、不整脈、成人先天性心疾患、高血圧性心疾患、肺高血圧症、さらにこれら疾患が原因となる心不全や閉塞性動脈硬化症、大動脈解離などの血管疾患を対象としています。特に、急性心筋梗塞、不安定狭心症、急性大動脈解離、急性心不全、肺血栓塞栓等の急性疾患に対しては24時間体制で対応しています。また、心臓血管外科とも緊密に連携を取り合い、心血管の緊急手術を行っています。

循環器科の詳細はこちらをご覧ください

血液内科の特徴

血液内科は専門性の高い領域ですが、市民病院などの総合病院でも血液内科の常勤医を持たない病院も多いのが実情です。そのため当院血液内科の診療圏は、小牧市内に限らず名古屋北部を含む尾北地区の広範囲にわたっています。入院と外来の比重は内科の他の領域に比べると、入院の比重が高くなりますが、外来患者さんも毎日大変多くの方が来院されています。

血液内科の詳細はこちらをご覧ください

神経内科の特徴

脳卒中、認知症、頭痛や神経変性疾患(パーキンソン病など)を対象としています。 現在は主に外来診療を基本としています。高齢化社会を迎え神経疾患領域に関する部門として高まるニーズに対応し、現在の最新・最良の医療の提供を志しています。

神経内科の詳細はこちらをご覧ください

腎臓内科の特徴

当科が担当する疾患は、腎炎、ネフローゼ症候群、腎不全、膠原病(主にSLE)です。以前は腎・糖尿病内科という枠組みであったため、糖尿病患者さんの外来診療も担当しています。通常の血液透析以外に、持続血液透析濾過、エンドトキシン吸着、血漿交換、顆粒球吸着など様々な血液浄化療法に対応しています。

腎臓内科の詳細はこちらをご覧ください

糖尿病内科の特徴

糖尿病は自己管理の病気といわれるように、本人の自覚なくしては血糖のコントロールは困難です。糖尿病による合併症を予防するには、HbA1cを6.5%以下に維持する必要があり、そのためには薬物療法も必要ですが、食事療法、運動療法が大切です。従って、患者教育が不可欠であり、その場としての糖尿病教室への参加は、その後の血糖コントロールに大きな影響を与えるものと思われます。

内分泌内科の特徴

生体は、視床下部、下垂体、甲状腺、副甲状腺、副腎といった様々な内分泌腺から分泌されるホルモンにより成長・発育、恒常性の維持、エネルギー代謝などの調整がなされています。内分泌内科ではそのようなホルモン産生や機能異常に伴う様々な疾患を各種ホルモン負荷試験等の採血検査やCT・MRI・超音波・シンチグラムといった画像診断を中心にして診断・治療を進めています

糖尿病・内分泌内科の詳細はこちらをご覧ください

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション