本文へジャンプ
ホーム > 診療科のご紹介 > 各科のご紹介 > 内科 > 血液内科

血液内科

科の特徴

血液内科は専門性の高い領域ですが、市民病院などの総合病院でも血液内科の常勤医を持たない病院も多いのが実情です。そのため当院血液内科の診療圏は、小牧市内に限らず名古屋北部を含む尾北地区の広範囲にわたっています。

対象疾患

当科の主たる対象疾患は悪性リンパ腫、多発性骨髄腫、骨髄異形成症候群、白血病などの造血器腫瘍ですが、非腫瘍性疾患では再生不良性貧血、特発性血小板減少性紫斑病などが対象となります。

治療法

2013年に発刊された「造血器腫瘍診療ガイドライン(日本血液学会編)」をよりどころとしてエビデンスに基づいた治療を励行しています。腫瘍性疾患に対しては、抗がん剤を中心とする化学療法が中心となります。モノクローナル抗体(例;リツキサン=B細胞リンパ腫に対する抗D20抗体、ポテリジオ=成人T細胞白血病に対する抗CCR4抗体、アーゼラ=慢性リンパ性白血病に対する抗CD20抗体)、分子標的薬(例;グリベック、タシグナ、スプリセル=チロシンキナーゼ阻害薬)など、従来の抗がん剤とは一線を画する画期的な薬剤が開発・導入され、より安全で効果的な治療法が確立されつつあります。患者さんによっては造血幹細胞移植の適応となります。当院では自家移植と兄弟間での同種移植を行っています。他には放射線療法を施行する場合もあります。
再発・難治ホジキンリンパ腫、未化大細胞型非ホジキンリンパ腫に対する抗CD30抗体アドセトリスや放射性同位元素包含型抗CD20抗体セヴァリンも当施設で施行可能となりました。
多発性骨髄腫では、ベルケイド、サレド、レブラミドなどの新規薬剤と、その化学療法との併用を駆使し、患者さんの年齢、毒性に合わせて量調節を行うことで標準治療が受けられます。
近年増加傾向にある骨髄異形成症候群に対するビダーザは、近隣の病院の中では、最も経験の豊富な施設の一つです。
再生不良性貧血では免疫抑制剤を用いた治療が主体となりますが、若年者で重症の方には造血幹細胞移植を施行する場合もあります。特発性血小板減少性紫斑病でも、免疫抑制剤を用いた治療が主体となりますが、ヘリコバクター・ピロリ菌の除菌療法や脾摘もおこないます。最近では、これら治療に対して無効例では、血小板造血刺激因子製剤ロミプレート(皮下注)、レボレード(経口)の投与を考慮します。

悪性新生物に対する治療の対応状況はこちらをご覧下さい。

2015年の入院実績

急性白血病:25例 急性骨髄性白血病(AML):19例
急性リンパ性白血病(ALL):6例
慢性白血病:4例 慢性骨髄性白血病(CML):2例
慢性リンパ性白血病(CLL):2例
骨髄異形成症候群:23例
悪性リンパ腫:87例 ホジキンリンパ腫:1例
非ホジキン・リンパ腫:86例
成人T細胞白血病:2例
多発性骨髄腫:24例
特発性血小板減少性紫斑病:16例
再生不良性貧血:6例
ビタミンB12欠乏性貧血:2例
原発性マクログロブリン血症:1例
本態性血小板血症:1例
赤芽球癆:2例   
血球貧食症候群:2例
後天性血友病:1例
その他の疾患:5例
移植:1例 同種PBSCT:1例
自家PBSCT:0例
  外来受診担当医表はこちら

医師紹介

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション