本文へジャンプ
ホーム > 診療科のご紹介 > 各科のご紹介 > 内科 > 呼吸器内科

呼吸器内科

科の特徴

呼吸器内科では、気管支や肺に関係する病気の診断と治療を担当しています。気管支喘息、気管支炎や肺炎などの呼吸器感染症、COPD(慢性閉塞性肺疾患)、肺癌、間質性肺炎、気胸などが主な対象疾患です。

認定施設 日本呼吸器学会 認定施設
日本呼吸器内視鏡学会 認定施設
日本アレルギー学会 アレルギー専門医教育認定施設

対象疾患および治療

気管支喘息

 吸入ステロイド薬とピークフローモニタリングによる自己管理が治療の基本となります。急性発作期にはステロイド薬の内服や点滴が必要であり、酸素投与が必要となるような重症の場合は入院で対応させていただきます。近年、吸入ステロイド薬の普及により、発作で入院される患者さんはずいぶん少なくなりました。
尚、日常生活の注意点や吸入療法の意義、正しい吸入法など、喘息の知識を習得して頂く目的で、看護師・薬剤師・臨床検査技師と協力して喘息教室を定期開催しています。詳細につきましては「広報こまき」や院内掲示をご覧下さい。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

 病気の進行を抑えるためには禁煙が最も重要ですが、慢性の咳・痰や息切れ症状がみられる場合は気管支拡張薬の吸入を基本とした薬物療法を行います。重症の患者さんでは、息切れ症状が悪化したり、酸素を取り込む能力が低下して運動能力が低下することがあります。このような場合、当院では積極的に呼吸リハビリテーションを実施して生活の質を高めるとともに、必要に応じて在宅酸素療法や在宅マスク式人工呼吸療法を導入しています。

肺癌

 胸部X線やCTスキャンで肺癌が疑われる場合は、気管支鏡検査やCTガイド下肺生検により確定診断します。当院では近年より超音波気管支鏡を導入し、より確実な診断に努めています。手術適応に関しては呼吸器外科と連携して慎重に判断しておりますが、手術不能の肺癌患者さんであっても化学療法や分子標的治療、放射線治療などが有効な場合もあり、肺癌のタイプや進行度にあわせて適切な治療法を提案させて頂きます。また、治療不能な末期患者さんに対しても、緩和ケアチームと協力して症状緩和やQOL(生活の質)向上に努めています。

急性肺炎

 さまざまな病原体によって起こる肺の感染症です。軽症の場合は抗生物質の内服による通院治療で改善します。重症例では呼吸不全に至ることもあり、入院治療させて頂きます。

睡眠時無呼吸症候群

 夜間のいびきや無呼吸を特徴とする病気です。「睡眠の質」が低下することで日中の眠気を来たしたり、夜間低酸素の影響から心疾患や脳血管障害の原因となることがあります。ポリソムノグラフィー(PSG)検査を行い、無呼吸の程度によっては持続陽圧呼吸療法(CPAP療法)をお勧めしています。

2015年の診療実績

  • 呼吸器内科入院患者総数は1091名で、主な疾患別では肺癌442名、肺炎219名、気胸61名、気管支喘息発作33名、間質性肺疾患35名でした。
  • 気管支鏡検査は414件(うちEBUS-TBNAは43件、EBUS-GSによるTBLBは99件)、CTガイド下肺生検は15件、局所麻酔下胸腔鏡検査は11件実施しました。
  • 初回の化学療法を受けられた肺癌患者さんは60名でした。外来化学療法を積極的に推進しており、実施数は延べ692件でした。
  • 2015年12月現在で在宅酸素療法実施数は87名、在宅マスク式人工呼吸実施数は6名でした。
  • 終夜睡眠ポリソムノグラフィー検査を86名の方に実施し、持続陽圧呼吸療法(CPAP治療)を実施されている患者さんは、2015年12月現在で35例でした。

  外来受診担当医表はこちら

医師紹介

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション