本文へジャンプ
ホーム > 診療科のご紹介 > 各科のご紹介 > 内科 > 消化器内科

消化器内科

科の特徴

消化器内科は、食道、胃、十二指腸、大腸などの消化管の診断と治療、肝胆膵疾患の診断と治療など多岐多彩にわたる臓器を分担しています。また三次救急病院であるため緊急検査も多く行っています。

1. 消化管については内視鏡的治療を中心に以下の事を行っています。


  • 内視鏡等は常時可能な状態とするよう努め、緊急時の迅速な対応を心掛けています。
  • 早期の食道・胃・大腸癌に対して可能な限り内視鏡的粘膜切除を行っています。
  • 胃食道静脈瘤に対して、硬化療法・結紮術を広く行っています。
  • 内視鏡的胃ろう造設術も増加しており、脳血管障害や高齢者の介護時のQOL向上にも努めています。
  • 超音波内視鏡による粘膜下腫瘍の診断や癌の進達度診断の向上に努めています。
  • 悪性癌の狭窄に対してのステント設置を行い患者さんのQOLの向上に努めています。

2. 胆・膵の診断について


  • 腹部エコー・CT・MRI検査はもとより血管造影・超音波内視鏡を加えた精査を行っています。
  • 総胆管結石、閉塞性黄疸に対しての緊急ドレナージも積極的に行っています。
  • 悪性腫瘍における閉塞性黄疸についてはステント等によるドレナージも多く行っています。

3. 肝疾患に対して

  • ウイルス性肝炎に対しては、インターフェロンや抗ウイルス剤の使用についても積極的に行っています。
  • 肝癌に対しては選択的肝動脈塞栓療法、ラジオ波による焼灼治療に積極的に取り組んでいます。

悪性新生物に対する治療の対応状況はこちらをご覧下さい。


  外来受診担当医表はこちら

医師紹介

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション