本文へジャンプ
ホーム > 診療科のご紹介 > 各科のご紹介 > 小児科

小児科

科の特徴

外来

特殊外来:午後

月曜日 第1、3、5月曜日に小児腎臓外来、毎週6ヶ月以上の乳児健診を行っています。受診には予約が必要です。
火曜日 第1、3、5火曜日に小児神経外来を行っています。毎週慢性疾患外来(内分泌、代謝、アレルギーなど)の診療を行っています。受診には予約が必要です。これらの外来への受診を希望される方は、まず午前中の一般外来へ受診されることをお勧めします。
水曜日 6ヶ月未満の乳児健診を行っています。第1・3水曜日(月により変更あり)はてんかん外来を行っています。受診を希望される方は、まずは午前中の一般外来へ受診してください。
木曜日 午前中に心臓外来を行っています。先天性心疾患、川崎病の退院後経過観察などの小児の心臓疾患の診療を行っています。受診には予約が必要です。
午後は、予防接種外来です。予約が必要です。アレルギー疾患があり、副反応の可能性がある方については事前に一般外来受診して、ご相談の上予約をお願いいたします。
金曜日 毎週慢性疾患外来と第2、4金曜日にアレルギー外来を行っています。いずれも予約が必要です。

入院

東4階病棟および、南4階病棟が小児科の入院病棟となります。肺炎、胃腸炎、喘息発作等の急性疾患による入院患者の他に、ネフローゼ症候群、腎炎など入院が長期にわたる患者さんの入院治療も行っています。長期入院の学童期の患者さんに対しては養護学校教諭による個別訪問学習指導を行っています。

新生児医療

南4階病棟にNICU(新生児集中治療室)があります。未熟児、仮死、呼吸障害等の病的新生児に対して24時間対応しています。近隣産科よりハイリスクの妊婦さんを母体搬送いただき、産科と共に地域の周産期医療を行っています。緊急の手術が必要な重篤な心臓疾患、先天性疾患についてはより高次医療機関への搬送を行います。

救急医療

夜間、休日には救急外来において小児科当直医のバックアップを受けながら救急当直医により診療を行っています。当院救急外来は3次救命救急センターであり、重症の患者さんが多数来院されます。そのため、診療をお待ちいただく時間が長くなる傾向にあります。軽い症状の方は、時間内の診療時間に受診頂くか、近隣の開業医に受診して頂き、病状の必要に応じて診療のご紹介を頂くようにお願いいたします。悪性新生物に対する治療の対応状況はこちらをご覧下さい。

悪性新生物に対する治療の対応状況はこちらをご覧下さい。

2015年の実績など

一般小児入院患者数:972名(平均在院日数6.1日)
病的未熟児新生児入院患者数:111名 人工呼吸器管理児:18名
1500g未満の極低出生体重児:4名
2500g未満の低出生体重児:44名

  外来受診担当医表はこちら

医師紹介

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション