本文へジャンプ
ホーム > 診療科のご紹介 > 医療チーム > NST

NST

NSTとは

病気やその治療のために食欲が低下したり、食事摂取量が減少すると栄養状態の悪化をもたらします。低栄養状態が持続すると、思ったような治療効果が期待できなくなり、また治療にともなう合併症のために入院期間が延長してしまうこともあります。
NSTとはNutrition Support Team(栄養サポートチーム)の略で、主に入院中の患者さんの栄養状態の監視、提言を行う医療チームのことです。小牧市民病院NSTは、医師、看護師、管理栄養士、薬剤師など多職種のスタッフで構成され、各職種がそれぞれの角度から意見を出し合って、より良い栄養管理を実践できるよう、チームとして支援を行っています。

NSTでは

  1. ①入院患者さんの栄養状態を週1回定期的に観察(栄養スクリーニング)し、
  2. ②栄養状態に問題のある患者さんにおいて、摂食状況・身体計測・血液検査などをもとに栄養評価(栄養アセスメント)を行い、
  3. ③週1回問題のある患者さん(低栄養の患者)に対してカンファレンスを行い、また、月1回定期的に栄養療法に関する症例検討会や勉強会を実施し、栄養に関する知識の共有と向上に努めています。
    ④食事内容の変更や点滴の追加などにより適切な栄養摂取量を確保できるよう提言(栄養プランニング)をしています。

 

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション