本文へジャンプ
ホーム > 入院のご案内 > 病棟のご紹介 > 東6階病棟

東6階病棟

東6階病棟の担当科

循環器内科 急性・慢性心不全、狭心症・心筋梗塞のカテーテル検査と治療、不整脈治療(アブレーション)等、ペースメーカー、心内膜炎
心臓血管外科 懇症、弁膜症、動脈瘤
呼吸器外科 血気胸、腫瘍
形成外科 切断肢、熱傷、植皮
皮膚科 腫瘍(化学療法)

勤務内容

私たちの東6階病棟は、主に5科からなる内科・外科の混合病棟です。緊急入院の受け入れから急性期から慢性期、終末期と病期も年齢層も多岐であり、どのような患者様にも対応できるようにスタッフ全員で病棟マニュアルを苦戦しながら作成し、どのような患者様にも統一した看護が提供できることを目指しています。 2008年10月から「やっても良いかな?」の発想から一気に本腰を入れ込み3交代勤務から2交代勤務のモデル病棟になりました。現在も試行錯誤ではありますが、実務をしているスタッフの案を盛り込みながらより良い職場環境の改善の一つとして頑張り中です。 命を預かる仕事で厳しいこともありますが、厳しいだけでなく、スタッフ間のチームワークを大切に魅力ある職場を目指し、他職種と協力し合いながら、患者様が安全・安楽に入院生活を送って頂けるように日々努めています。 ハードな面もありますが、スタッフ全員が、和気藹々と何事にも前向きで笑顔で取り組む姿勢をモットーに頑張っている東6階の私たちと共に働いてみませんか?

カテーテル スタッフ 

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション