本文へジャンプ
ホーム > 入院のご案内 > 入院中の心得

入院中の心得

  1. 入院中は、医師および看護師の指示に従い、他の人の迷惑にならないようにして下さい。
  2. 入浴、散歩等については、主治医の許可を得てからにして下さい。
  3. やむを得ない事情で外出、外泊されたい方は、看護師を通じ主治医の許可を得て下さい。
  4. 病状、その他の都合により病室を変更することがありますので、あらかじめご了承下さい。
  5. 病院の器具等を破損または紛失されたときは、弁償していただくこともあります。
  6. 多額のお金や、貴重品は、お持ちにならないで下さい。健診センター前に東春信用金庫のキャッシングコーナーもあります。
  7. 電話は公衆電話をご利用下さい。外線電話のお取次ぎは、午前9時から午後9時までです。
  8. 洗濯物干し場は、南棟8階および北棟5階にありますのでご利用下さい。
  9. 院内の飲酒は、強制退院となります。
  10. 携帯電話は病院内において原則使用禁止となっておりますが、やむを得ず利用される場合は、指定区域でご利用ください。
  11. 毎月1回、必ず保険証を25日までに各階ナースステーションまでご提示下さい。また、保険の資格変更、(例えば、保険の資格がなくなったとき、被保険者の転職により保険証の変更があったとき等)をしたときは、ただちに各階ナースステーションまで提示して下さい。
  12. ごみの分別収集にご協力下さい。 入院中に出るごみは、各病棟に置いてある回収ボックスにより、区別していただくようお願いします。
  13. 医師や看護師への謝礼は、かたくお断り致します。
  14. その他、ご不明な点がありましたら、ご遠慮なく、職員にお尋ね下さい。

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション