本文へジャンプ
ホーム > 病院指標 > 2015年度 小牧市民病院指標

2015年度 小牧市民病院指標

平成27年度小牧市民病院指標

各指標の説明

  1. 年齢階級別退院患者数
     年齢階級別患者数は、小牧市民病院を退院した患者さんの年齢を10歳刻みで集計したものです。

  2. 診断群分類別患者数等
     診療科別に症例数の多い上位5つの診断群分類について、それぞれの平均在院日数、平均年齢等を示したものです。それぞれの診療科が、どのような疾患を多く診療しているかを知ることが出来ます。
     DPC対象外症例(短期滞在手術等基本料3を算定するもの、コードの分岐の結果出来高請求となるもの)はデータから除外されておりますので、必要時は解説欄で補足しています。
     小牧市民病院全体として、救急医療入院の割合が高い症例が多く、平均在院日数が短い傾向にあります。これは、当院が尾張北部医療圏における三次救急医療を担う医療機関であること、また、より効率的な医療提供を行っていることを反映しています。(各診療科の特長については別に示しています)

  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
     現在、日本で最も罹患率の高い5つのがん(胃がん・大腸がん・乳がん・肺がん・肝がん)の病期(Stage)ごとの症例数を集計したものです。

  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
     成人(20歳以上)の肺炎患者さんについて重症度別に患者数、平均在院日数、平均年齢を集計したものです。(市中肺炎とは普段の生活の中で罹患した肺炎を言います。)

  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
     脳梗塞の病型別の患者さんについて、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。

  6. 診療科別主要手術別患者数等
     診療科別に手術症例数の多い上位5症例について、主要手術の平均術前日数、平均術後日数などを示したものです。それぞれの診療科がどのような手術を多く実施しているかを知ることができます。
     同一手術において複数の手術手技を行った場合は、主たるもののみカウントしています。
     当院に限ってのことではありませんが、簡易な手術の方が症例数として多い傾向にあることから、症例数が上位にあっても必ずしも得意な手術とは言い切れません。
    (呼吸器内科、糖尿病・内分泌内科、一般内科、皮膚科の手術については、入院中に他科が実施した手術等、該当科と関連性がないため、この指標から除外しております。)

  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
     医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの少しでも改善すべきものとして定義される感染症および合併症の発生率を示したものです。


小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション