本文へジャンプ
ホーム > 診療科のご紹介 > 各科のご紹介 > 産婦人科

産婦人科

科の特徴

産婦人科領域全般にわたる診療を行っており、また、当直制により救急患者に24時間対応できる体制をとっています。

産科部門

妊婦外来では、超音波検査をスクリーニング検査として十分に活用し妊娠管理を行っています。

NICUを院内に持ち尾張北地区の周産期母子医療センターに指定されているため、近医よりハイリスク妊娠の紹介例も多く、小児科をはじめ他科の協力のもと母児の管理を行っています。

婦人科部門

卵巣腫瘍、子宮筋腫、性器脱などの良性疾患の保存療法と手術治療を行っています。悪性腫瘍に対しては、手術に加え病期に応じて化学療法や放射線療法を行っています。また、症例に応じて腹腔鏡手術も導入しています。

不妊部門

不妊部門にも力を入れており、AIH(人工授精)、IVF-ET(体外受精・胚移植)・ICSI(顕微授精)まで行っています。
また、IVFへのステップアップ時には、ご夫婦に対して、IVFコーディネーターによる個別説明を行っています。

悪性新生物に対する治療の対応状況はこちらをご覧下さい。

2015年の実績など

産科部門 分娩数:419件
(双胎:12件、うち帝王切開:202件、うち緊急帝王切開:93件)
母体搬送:39件
婦人科部門 悪性腫瘍 子宮頚がん:12件
CIN3:33件
子宮体がん:16件
卵巣がん:12件
不妊部門 AIH:227件
採卵:97件(IVF:62件、ICSI:35件)
融解ET:101件

授乳指導・乳房マッサージ

乳児、産婦に合わせて授乳の仕方や乳房トラブル時の指導などを行っています。


  外来受診担当医表はこちら

医師紹介

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション