本文へジャンプ
ホーム > 診療科のご紹介 > ガンマナイフセンター > 治療の流れおよび受診方法

治療の流れおよび受診方法

ガンマナイフ治療の流れ

ガンマナイフの治療は完全な予約制で行います。症例の御紹介をいただいた場合、当院のガンマナイフ担当医により適応および治療の時期を十分に検討して治療日を決定いたします。
ガンマナイフ治療は三叉神経痛以外は保険適応となっており、3割負担の場合には、お部屋の種類にもよりますが、窓口でお支払いいただく金額は概ね20万円弱となります。
治療は基本的に2泊3日で行います。
第1日目:午後からの入院となります。必要に応じて画像検査などがございます。
第2日目:静脈麻酔および局所麻酔薬を併用した状態で、頭部固定用のフレームを装着致します。静脈麻酔により寝ている間に終わるために、痛みを感じる患者様はほとんどいません。その後、頭部フレームが付いた状態でCTやMRIなどの画像検査を行います。動静脈奇形や硬膜動静脈瘻の患者様は脳血管撮影もございます。これらの情報をガンマナイフ専用コンピューターに転送し、実際の病変部位に対する治療計画を行います。引き続いて実際のガンマ線照射を行う治療段階に入ります。治療時間は病変の種類・ 大きさ等により異なりますが、おおむね30分から2時間位です。
第3日目:午前中に退院となります。
治療後は、治療病変の変化を確認するために約3ヶ月から6ヶ月毎に定期的なMRI画像やCT画像検査がございます。紹介元の病院で画像を撮影して頂き、我々もその画像を見させて頂く方針をとっております。

Get the Flash Player to see this player.


患者さん説明用動画

患者さんの受診方法

ガンマナイフ治療担当医の外来は、木曜日以外のam8:30からam11:30が受付時間となっております。
現在通院している病院で担当の先生より紹介状と画像CD-R(または画像フィルム)を用意して頂き、受診の際にご持参下さい。

ご紹介頂く先生方へ

紹介状と画像CD-R(または画像フィルム)を患者さんにお渡しになり、月曜日・火曜日・水曜日・金曜日の脳神経外科ガンマナイフ初診外来を受診頂いて下さい。診察受付時間はam8:30からam11:30となっております。
また、患者さんに外来を予約して受診したい希望がございましたら病診連携室0568-76-1434(ダイヤルイン直通)へご連絡頂けますと外来予約を調整させて頂きます。
患者さんが入院中の場合などでご本人様の来院が困難な場合はご家族のみの受診でも結構です。

小牧市民病院

ページトップへ

ディレクトリーナビゲーション